vol. 75

Published:

Cover sheets

生痕化石Rosselia socialisDahmer, 1937の模式地再訪: ドイツ,リューデスハイム西方,ロッセルに露出する下部デボン系タウヌス珪岩の干潟堆積物

奈良正和・Michael Schlirf・Alfred Uchman, pp.1-2

Thematic paper

生物多様性と古生物学

塚越 哲・北村晃寿・生形貴男, pp.16-17

種多様性研究と古生物学:間隙性貝形中類を例として

塚越 哲, pp.18-23

日本の化石タイプ標本データベースの概要とその活用に向けて

小笠原憲四郎, pp.24-29

多様性変動のコンピューターシミュレーション:従来の研究と展望

吉田勝彦, pp.30-37

体サイズから見る三葉虫モルフォタイプの多様性:収斂形質群の機能形態学の応用

鈴木雄太郎, pp.38-45

形態空間解析による生物の形態的多様性の研究

生形貴男, pp.46-53

第四紀の気候変動と種多様性:氷期‐間氷期サイクルに対する海生生物の応答

北村晃寿, pp.54-59

Original Article

Carcharocles megalodon(ネズミザメ目:オトドゥス科)の産出時代:地層からの層序学的記録の再検討

矢部英生・後藤仁敏・兼子尚知, pp.7-15

Fossils

渦鞭毛藻類への招待

栗田裕司, pp.60-65

Groups of fossils

東海化石研究会

蜂矢喜一郎, pp.66-70

Proceedings

記事

日本古生物学会, pp.71-79