日本古生物学会 被災博物館レスキュー委員会

設置の趣旨 

東日本大震災で被災した岩手,宮城,福島,茨城県などの博物館の復旧を支援するために,本委員会を平成23年6月6日に設置した.

主な活動内容 

1.陸前高田市立博物館地質標本救済事業を,平成23年8月1日~4日と同年10月4日~7日に実施し,約3000点の洗浄・乾燥,ラベル等一次情報の確認・復元,分類,収蔵庫への配架などを行った.

2.2016年熊本地震による博物館の被災調査の実施.

3.2018年大阪府北部の地震による博物館の被災調査の実施.

委員会構成

2011~2014年度

委員長 真鍋 真

委員 加瀬友喜,西 弘嗣,大石雅之,大路樹生,佐々木 理,竹谷陽二郎(アルファベッド順)

2015~2016年度

委員長 真鍋 真

委員 加瀬友喜,北村晃寿,前田晴良,西 弘嗣,大石雅之,大路樹生,佐々木 理,竹谷陽二郎(アルファベッド順)

2017年度~

委員長 北村晃寿

委員 芳賀拓真,池上直樹,加瀬友喜,松原尚志,奈良正和,大路樹生,佐々木 理,竹谷陽二郎(アルファベッド順)

会員登録情報の変更はお済みですか? 登録した会員情報(所属・住所・電話番号・ FAX番号・E-mailアドレス等)に変更が生じた場合は,会員専用ページか ら変更が可能です(2013年4月から開始).あるいは変更届をE-mail,Fax, 郵便にて 事務局 宛にご提出ください. 特に書式はございません.

サイトポリシー 当サイトに掲載されている写真や資料,情報などを引用,公開される場合は,事前に事務局までお知らせください.
当サイトへのリンクは自由です.連絡などは必要ありません.