学会賞選考委員会及び賞の委員会運営内規

1980年6月28日制定  
1993年1月29日部分改訂
2002年1月25日部分改訂
2006年2月03日部分改訂
2007年6月28日部分改訂

I  学会賞選考委員会

1. 学会賞選考委員会の委員は若干名とし,評議員の選考発議があり次第,その都度評議員会で委員を選出する.委員長は会長をもってこれにあたる.

2. 学会賞は,国際的に高い水準の研究を行い,わが国の古生物学会の水準を著しく高めるのに貢献し,その評価が国内外において十分に定着した者に対し,その功 績をたたえ,本会として謝意を表するため授与する.

3. 賞の内容は賞状とメダルとする.


II 賞の委員会

1. 賞の委員会の委員は4名とし,評議員会で委員を選出する.委員の任期は2年とし,毎年その半数を改選する.委員長は会長をもってこれにあてる.賞の委員会は互選による幹事1名を置く.幹事は委員長を助け会務を整理する.委員の代理は認めない.但し委員会の成立は通信をもって代えることができる.名誉会長は受賞者の選考に際して委員会に参加することができる.

2. 学術賞,論文賞候補者の推薦は,それぞれについて2名以内とし,複数候補の場合は順位をつけるものとする.選考の際は,評議員会構成員及び名誉会長に対し,理由を付した推薦を依頼する.推薦された候補者全員を選考の対象とし,審議の上,受賞候補者を選定理由を付して評議員会に報告する.

3. 学術賞は優れた研究成果を挙げた者の中から特に優秀な者を選び,奨励のために授与する.但し,既に学術賞を受賞した者は除かれる.論文賞の受賞対象となる 論文は,最近2年間のPaleontological Researchに発表された原著論文とする.その間に適当な論文がなければ推薦を見送る場合がある.

4. 賞の内容は賞状とする.

5. 貢献賞は,本会の活動に対する貢献,研究協力,普及などの面で古生物学に貢献した個人(または団体)を対象とする.候補者の推薦には理由その他審査資料を付し,定例評議員会の前に常務委員会に提出するものとする.選考に際しては,受賞候補者を審議の上,選定理由を付して評議員会で意見を問う.


III ポスター賞選考委員会

1.ポスター賞選考委員会の委員は5名とし,年会・例会毎に委員を評議員会で選出する.委員は,ポスター発表の著者ではない者の中から,専門分野等を配慮して選ぶ.

2.選考委員は発表時間中に採点して会期中に審査を行い選考する.

3.ポスター賞は賞状とする.


IV 外部団体の各種賞

1. 外部団体の各種賞および奨励金等に対する候補者の推薦は,評議員会の委嘱を受けて賞の委員会が審議により決定し,その結果を評議員会に報告する.


日本古生物学会事務局:連絡先

会員登録情報の変更はお済みですか? 登録した会員情報(所属・住所・電話番号・ FAX番号・E-mailアドレス等)に変更が生じた場合は,会員専用ページか ら変更が可能です(2013年4月から開始).あるいは変更届をE-mail,Fax, 郵便にて 事務局 宛にご提出ください. 特に書式はございません.

サイトポリシー 当サイトに掲載されている写真や資料,情報などを引用,公開される場合は,事前に事務局までお知らせください.
当サイトへのリンクは自由です.連絡などは必要ありません.